アーカイブ

【野反湖周辺の山を周回】❀野反キスゲ満開にはもう少し❀ 2015.07.12

志賀・草津・四阿山・浅間
弁天山(1652.6m) エビ山(1744m) 高沢山(1906m) 三壁山(1974m)
 地蔵山(1802m)堂岩山(2051m) 猟師ノ頭(2042m) 白砂山(2140m)
 中尾根ノ頭(1944m) 黒渋ノ頭(1895m)八間山(1934.5m)
山行日 2015.07.12
天気 一円玉天気
メンバー zizi
コースタイム
富士見峠(5:36)➤5:50)弁天山(5:52)6:02)十二山(6:10)6:57)エビ山(7:03)
(7:36)高沢山(7:39)8:10)三壁山(8:12)➤(9:07)野反湖登山口(9:11)➤
(9:21)ハンノ木沢➤(9:46)地蔵峠➤10:04)地蔵山(10:05)➤(10:39)堂岩の泊場(10:41)➤
(11:03)堂岩山(11:08)➤(11:34)猟師ノ頭(11:35)➤(11:47)金沢レリーフ(11:48)➤
(12:24)白砂山(13:00)➤(13:19)金沢レリーフ➤(13:34)猟師ノ頭➤(14:14)中尾根ノ頭➤
(14:49)黒渋の頭➤15:15)八間山(15:31)➤(16:14)富士見峠

経過時間:10:42:00
歩行距離:23.52㎞
累積標高⤴1715m⤵1703m



おはようございます
第一駐車場はまだ空き具合はまばらです

どれだけのキスゲが咲いているのか楽しみです

個人的に好きなカラマツソウがお出迎えしてくれました

野反峠休憩舎はまだ準備中だけどトイレは使用可です

とても綺麗な人造湖ですね
キスゲはまだ満開ではない様に感じます

回りで周回するため弁天山へ向います

 

こちらの斜面では大分キスゲ色に染まって綺麗です

その中でポツンと健気にハクサンフウロが咲いていました

チョットいい感じに撮れたかな(*^_^*)
後方の山は浅間隠山だと思います


朝陽を浴びてオトギリソウが元気に咲いています


好きな花の一つで
ニガナにも色んな種類が有ります

中央右奥にうっすらと赤城山が確認できます
その手前は子持山、小野子三山など

こちらもうっすらと榛名山塊
手前右は松岩山

浅間隠山

 

浅間山、篭ノ登山など

白根山、横手山など


程なくして弁天山に着きました

手前から十二山、エビ山、高沢山そして右の三壁山へと
多少のアップダウンを繰り返し進みます

十二山手前には野反古道という
花敷温泉へと続く分岐が有ります

登山道脇の薄い踏み痕を登り上げると禿げた所に出ます

 

こんなやせた地にコマクサが健気に咲いています
数か所掘られた様な跡が有りましたがまさかの盗掘?

可愛いというか可憐というか何とも言えぬ
さすがの女王様の貫禄です

すぐ脇の藪気味の場所に突入すると

石祠の有る十二山山頂です


登山道に戻り直ぐに湖畔とエビ山への分岐になり

左へと進みます

クマザサロードを縫って歩いて来ると
目の前にエビ山手前の急斜面が見えて来ますが
まだまだ気持ち的には余裕が有ります(^_^)

朝露でしっとりとした可愛らしい花

カラマツソウ


キャンプ場への分岐がここにもあります

コバイケイソウも沢山咲いていましたが
終盤を迎えた方が多いかも

朝露で美しさ倍増したノハナショウブ

そろそろ気持ちを入れ替えて再スタート!

急な斜面はニガナロードでした

白ニガナもいいね!

振り返ると歩いて来た山と左に八間山

少し頑張ってエビ山に登り切ると貸切でした

八間山

赤城山方面

榛名山方面

浅間、白根方面

ちょっと値の張るアミノバイタルを頂き先に進みます!

高沢平を通過

高沢山も通過

カモシカ平へは行かないけど分岐の先を少し寄り道して

カモシカ平をパシャリとカメラに収めるだけ
以前地面がむき出しの禿げた所でランチしたね

気持ち良さそうな感じですが
ブユが多く困ってます(笑)

野反湖が一瞬顔を出しました
野反峠があそこだから結構来ましたね

青空の似合うベニサラサドウダンも山道脇に

ツマトリソウ

高沢尾根まで来ると先方から
賑やかな声が聞こえて来ました

1・2・3…なんと24人程のパーティーとスライドです💦

マイズルソウも山道脇を飾っていました

三壁山に到着だけど
エビ山以降は地味な山頂が続いています

暫くは右手に野反湖を見ながら気もち良く歩きます
左の奥に頭を覗かせているのが白砂山かな
まだまだ遠いね~

樹林帯に入り暫くすると宮次郎清水が有りますが
飲料としては水量が乏しく期待出来ません(;_;)

展望が開けてくると三壁山登山口に出ます

野反湖第一キャンプ場より

ノゾリブルーの湖面とキスゲ

野反湖ビジターセンターです

とても良い色合いです

青空と一本の木

橋を渡り

鮮やかなノゾリブルーの湖面を眺めながら進めば