アーカイブ

焼額山・田ノ原湿原 2020.07.05

志賀・草津・四阿山・浅間
焼額山(2009m)
山行日 2020.07.05
天気 曇りのち時々晴れ

メンバー zizi,baba
今回はbabaが一緒なのでお任せハイキング
とりあえず雨に降られても良いでしょうというコースを選んだそうです
確かに往路は道幅もそこそこあるしゲレンデ歩きも多く
復路はゲレンデ脇の作業道が殆んどなので傘でも歩けそうな所です
結果降られることも無く思いがけぬ天候回復で楽しく歩けました(^^)v
いつも良い所をsearchしてくれるのでいつも感謝_(._.)_
そんな中今回は熊情報が有ったのですが
二度も大きなウ〇コを見てしまうと怖いもんが有りますΣ( ̄□ ̄|||)
そして帰りは時間の余裕が有ったので田ノ原湿原も散策してみました

コースタイム
プリンス西館前8:29)➫(8:34)焼額山登山口➫(9:20)一の瀬山の神リフト9:22)➫
9:46)ゴンドラ山頂駅 ➫(9:55)焼額山11:28)➫(12:55)奥志賀高原ホテル
経過時間:4:30:01
移動時間:2:40:03
停止時間:1:49:58
歩行距離:8.1㎞
累積標高:⤴439m ⤵529m

行く途中の志賀草津道路の日本国道最高地点からの展望
芳ヶ平越しに右から浅間隠山を始め西上州の山並みと
中央に吾妻郡の山並みと後方に榛名山塊、左に来て
子持山、小野子三山後方に赤城山

今日はここ奥志賀高原ホテルからプリンス西館前まで長電バスを利用して
焼額山に登って戻ってくるというコースです

12分程で焼額山登山口の最寄りのバス停に着きました
車内は運転手さんとzizibabaだけで新型コロナウイルス対策で
一部窓が開けられ換気措置が取られていました

入口には登山者駐車場が設けられていましたが
一台もいないので「こんな天気で貸し切りかな~」
なんて話ながら歩いています

数分歩くと右に焼額山登山口の標柱が有るので
話に夢中になって見落とさないようにね(笑)

今日は二人とも熊鈴をカランコロン
加えてbabaはストックをカチンカチン鳴らしてけん制します

ギンリョウソウが沢山咲いて?いましたよ
中には大分進化して膨らんだやつもね👀

前方が明るくなったらゲレンデ
ここは横断するような感じで再び樹林帯です

バスの中からは山頂方面はガスが巻いていたけど
背後から時折薄日が差してきたりしてチョッピリ期待を持っちゃってます

ゴゼンタチバナがチラホラ出てきました

そして再びのゲレンデは横断ではなく暫く歩く事になります

ヤマノコギリソウ

一の瀬山の神リフトというとこら辺のこんもりしてる丘
てっきり祠が鎮座してると思いきゃ分電盤が鎮座
(しっかりと見た訳では無いけどね(〃ノωノ))

傍らでガスに巻かれた中で浮かび上がるアヤメ

道有ればそちらに行くのであります(^.^)/~~~

合流したゲレンデにはマイヅルソウやゴゼンタチバナが群生していますが
この後もあまりにも有り過ぎて有難味が薄れた一日でした(笑)

山頂駅手前にも水が流れてくる方向に脇道というか
本来の登山道なのかな
有るのでziziはそちらへ

道にはチョロチョロ水が流れ熊笹で覆われたチョイ不気味なとこです

ギョギョΣ( ̄□ ̄|||)
噂はホントなのね~
雨上がりのせいなのかしっとりして新鮮そうです

その樹林帯から足早に出て来ると
そこは山頂駅の横

ゲレンデに出て木道沿いに歩くと再び樹林に続く道が有るので進みます

少し歩くと分岐が有り左は焼額山山頂右は神社
先に神社に向かいました

鳥居を潜ると突き当りに石祠が有りましたので参拝

雫が綺麗なアカモノ

帰りに下るゲレンデに飛び出しました

が、も一度樹林に戻り湖畔を歩いて山頂へ

残念ながら到着した山頂の稚児池はガスに巻かれてこんな感じです

それでも足元を彩る花は綺麗に見えるので撮影タイム
オトギリソウはお初かな

ベッピンさんのコバイケイソウ

モウセンゴケ

ツルコケモモ

ヒメシャクナゲ

ポワポワのワタスゲはビチョビチョといった感じ( ;∀;)

湿原散策は一度切り上げて景色はこんなだけど
まぁしゃーない飯にしましょ

って(´~`)モグモグしてるとみるみる青空が広がってきました\(^o^)/

青空は良いよね~ホント良いよね~(^^♪

稚児池全容もハッキリ見えて嬉しい